fc2ブログ

板蔵の家

8月に板蔵の家が真壁に竣工しました。
板蔵の家とは落し込み工法という、溝をついた柱と柱の間に板を落し込んで壁を造る工法です。
壁としては構造耐力上、数値的には大きい体力が期待できない!って数字が出てしまうので筋違いによる耐力壁(頑張ってくれる壁)を配置しました。
     P5140834_convert_20101208234940.jpg   P5140841_convert_20101208235455.jpg


図面では住み手に説明しきれない部分もあり模型で確認をとり進めていきました。
      P1030390_convert_20101208230206.jpg
      P1030394_convert_20101208230305.jpg
                      P1030399_convert_20101208233928.jpg 


上棟の時から住み手も積極的に現場に足を運び、竣工の時には職方さん達と一緒に造り上げたという達成感でいっぱいだったようです。(外部の木部塗装は住み手が行いました。)

木が好き!!って方にはいい空間になると思います。
もちろん合板ゼロ。無垢の木をふんだんに使いましたので、内装仕上となる左官や和紙貼りはゼロ。梁上から屋根下の三角形になる部分には内部用のモイスをはりました。職種を少なくする事で少々コストダウンかな?
平屋建ての高さで2階部分を設けると言う空間構成はかなり際どい天井高さや梁下高さとなりましたが人体寸法的にはありかな?って思います。結構楽しいです。子供たちはきっと楽しいかな~なんて思います。

   itakura01[1]
    P1030984_convert_20101208233738.jpg   P1030992_convert_20101208235130.jpg
      P1030945_convert_20101208235245.jpg       P1030949_convert_20101208235031.jpg

      P1030965_convert_20101208230904.jpg
 

永い時間をかけて造り手を選び、本当に欲しかった住みかを手に入れた嬉しさは最高ですね。
唯一の登場人物は、福田建設の福田定利社長(通称:親方!)。親方は現在若者育成中ですが10年くらいまでは道具を持ちにらみを利かせていた大工さんでした。自ら手掛けた建物は社寺建築から出し桁住宅、数寄屋に茶室と素晴らしい建物を今世に残しております。
私の尊敬する親方で、大工の若い衆を育てるのと同時に、木造がわかる設計士も育ててくれております。
木造は実は奥が深い世界で、様々な考え方ができ応用・変形ができるから木造好きの私(木造好きで30年!)にはエンドレスな世界なのであります。そんな素敵な木造建築のご紹介もそのうちやりますね!!
スポンサーサイト



テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遅れましたが、明けましておめでとうございます。
昨年は、大変お世話になりました。
お忙しそうですが、健康第一で今年もガンガン設計して下さい!
また、関根さんの設計したお宅を拝見しに行きますので
連絡下さい。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

関根 仁子(Masako Sekine) 

Author:関根 仁子(Masako Sekine) 
はじめまして。
建築が好きで美しいものが好きで美味しいものが好きで…。

好きな物に囲まれた場所をここに作ろうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード