fc2ブログ

外断熱の下地

外断熱の下地を張り始めました。
サーモプライと言う材料を柱の外側に専用の釘を決まった間隔で張ります。
屋根の下地としても張りますので中側から見ると銀色です。

P1040133_convert_20101203161935.jpg

P1040131_convert_20101203161840.jpg

外断熱だと通常の基礎巾(120㎜とか150㎜)よりも広くなります。
それは通常の基礎の外側に断熱材を入れそれをサンドイッチするように100㎜の保護コンクリートを打設するからです。
P1040116_convert_20101203162025.jpg
黄色く見える部分が断熱材です。
スポンサーサイト



上棟です。

11月3日秋晴れの中無事上棟いたしました。
上にはご夫妻で上がって頂きました。
P1040112_convert_20101120052612.jpg
P1040114_convert_20101120052753.jpg
P1040118_convert_20101120052924.jpg

奥様は棟まで上がると
「こんな高い所にのぼるなんて…。大工さんって凄いですね!!」
そしてちょっと時間が経つと
「かなり慣れてきました!家のこんな高い所にあがるなんて最初で最後ですね!!」
と、笑顔で話して下さいました。
自分の家の屋根から廻りがどんなふうに見えるのか自分の足で立ってみる事なんて本当、この時が最初で最後って
感じですよね。平屋ならともかく…。
P1040121_convert_20101120052839.jpg


本当に小春日和の暖かさと爽快な空は何よりのご馳走でした。
上棟式を迎えるにあたり、色々と段取りが大変な中、五色(上棟の時に棟に挙げる5色の旗)はあげなくても
子供たちの思い出になるよう撒き物をしようと言う事になりました。子供のお友達とかの繋がりですが。
P1040119_convert_20101120053003.jpg
撒いていたので写真撮れませんでしたが、子供たちが2、30人いたかな?近所で畑やっていたおじさんも2人参加していたそうです。そして
「最近撒くの少なくなったね。俺らの子供の頃は近所であると取に行くのがたのしくてな。いいもんだよな~。」と話していたそうです。

最近住宅地で上棟式をすることも見かけなくなりましたから撒く事なんてめったにないですよね。
でも、折角だったら…。って思うのです。

できれば五色をあげて、お陰さまで家が上棟いたしました!ご近所の皆さんこれから(も)宜しくお願い致します。なんて気持ちを込めてその土地に住む。って感じかしら。
そんな気持ちで上棟式をするっていいんじゃないかな~って思うのです。
大げさな気持ちじゃなく見栄じゃなく、心のゆとりの部分でね(^.^)

隣に誰が住んでいても関係ないって感じの今の時代、昔の風習から教えられる事は沢山あると思う。
時には人との付き合いは面倒かもしれないけど
自分一人で生きる事は出来ないし、お互いさまで生きていける心のゆとりは欲しいものですね。

建て方

11月2日建て方が始まりました。

これぞ木造建築の醍醐味。大工さんってかっこいいな~って思う瞬間の一つです。

101102_090343_convert_20101103110109建て方

外断熱の家着工

久し振りの外断熱の住宅が明日上棟します。
自然素材と外断熱の組み合わせです。

外断熱でも基調システム(家の中を同じ温度で管理するもの)を使わず
窓を開けて外気を取り入れることを大切に思ってます。

高層マンションや、空気環境が悪い所に住んでいれば窓って開けられないけど
地方の空気がいい所では窓をからっと開けたいものですよね。

私自身、住宅に外断熱の必要性がどのくらいあるかは悩み所ですが
建て主の希望は取り入れて、これから快適に過ごす住みかを一緒に考えて行く事が大切だと思ってます。

今日から建て方は始まりました。
明日もお天気はよさそうなので一安心。


私は、木の軸組みが見える上棟の時期が一番好きです!!
大工さんが1本1本墨付け、刻みをした材木が組みあがっていく美しさが上棟にはあるのです。

写真は基礎工事中。
P1040033_convert_20101102122822大友基礎1
P1040091_convert_20101102122930大友基礎2

上棟の様子も早くアップしますね。

プロフィール

関根 仁子(Masako Sekine) 

Author:関根 仁子(Masako Sekine) 
はじめまして。
建築が好きで美しいものが好きで美味しいものが好きで…。

好きな物に囲まれた場所をここに作ろうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード